ニキビができないようにするために

ニキビができないようにするために

ニキビができないようにするためには、たくさんの方法があります。一番最初に思いつくのは、洗顔ではないでしょうか。
水だけで顔を洗うのではなく、洗顔フォームを正しく使うと、さらに予防効果は高まります。

 

 

洗顔したら、化粧水、保湿液で、しっかりと潤いを与えると、ニキビ予防効果は更に高くなります。私自身、赤いプツプツが額に目立つくらい出てきた時に、自分でも可哀想になるくらいの状態だったので、先生に診てもらうことにしました。先生に、薬を出しますので、塗布して下さいと伝えられ、ステロイド系の塗り薬を選択してもらいました。

 

ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、弱い薬ではないので、状態の改善が見込めたら塗布する割合を少しにしていったほうが好ましいそうです。

 

 

にきびの原因として言われるのが、角栓による毛穴の詰まりが、ニキビができてしまう理由のひとつです。ついつい指で角栓を押して押し出すと、その場所にニキビ跡ができる原因になります。

 

角栓をつくらせないように、それを悪化させないようにするには、しっかりとした保湿を怠らないこと、毛穴に皮脂が詰まらないようにすることが、大切なのです。

 

 

ニキビがひどくなった時には、洗顔石鹸を使ってピーリングをしています。

 

 

 

ピーリングを初めてやった時は、お肌が少しヒリッとしました。そうして、恐ろしくなって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、そんなヒリヒリ感は消えて、キレイにニキビが改善できました。
それ以来、ニキビが出るとピーリングをするよう心がけています。そういえば、ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか。
実は、潰しても問題ない状態のニキビと潰してはダメなニキビとがあります。

 

潰して良い状態のニキビは、ニキビの炎症が落ち着いて、中に溜まった膿が白く盛り上がっているものです。

 

 

そのような状態になったニキビは、膿が外へ出ようとして芯が出来ている状態になりますから、針や専用器具を使用すれば、潰すのもいいでしょう。